女優

春名風花が「ぼく」と言うのはキャラ作り?なぜはるかぜちゃんは現在も「僕」なの?

harunafuka4

子役時代はるかぜちゃんと呼ばれ、人気があった春名風花さんをご存知でしょうか。

現在高校も卒業し、可愛らしかったはるかぜちゃんも今では素敵な女性になっています。

そんな春名風花さんですが、自分のことを「ぼく」ということでも有名ですよね。

そこで今回は

春名風花さんはなぜ自分のことを「ぼく」と呼ぶのか?

春名風花さんが「ぼく」というのはキャラ作りのためなのか?

はるかぜちゃんはなぜ今でも「」と呼ぶのか

についてご紹介します( ´ ▽ ` )ノ

春名風花のプロフィール

まず最初は簡単にはるかぜちゃんこと春名風花さんのプロフィールをご紹介します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

春名風花さん(@harunafuka)がシェアした投稿

名前:春名風花(はるな・ふうか)

愛称:はるかぜちゃん

出身地:神奈川県

生年月日:2001年2月4日

身長:156cm

所属事務所:プロダクション・エース

春名風花さんは子役時代から泣く演技で有名でしたよね。

harunafuka2

嘘泣きが上手というイメージが残っている方も多いのではないでしょうか。

harunafuka1 harunafuka3

子役時代の炎上エピソードについてはこちらです↓

harunafuka6
はるかぜちゃん子役時代|嵐ファンとの炎上ツイッター内容まとめ!嫌われた理由はませガキだったから?はるかぜちゃんこと春名風花の子役時代がやばすぎ!嵐ファンとの炎上ツイッター内容まとめ!嫌われた理由はませガキだったから?...

そんな春名風花さんですが現在はドラマや舞台の他に声優としても活躍されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

春名風花さん(@harunafuka)がシェアした投稿

春名風花が「ぼく」と呼ぶのはキャラ作りのため?

こんなに可愛い春名風花さんですが自分のことを「ぼく」と呼んでいますよね。

キャラ作りのために「ぼく」と呼ぶようになったのではないかと思っていたのですが実際はどうなんでしょうか。

実は春名風花さんが自分のことを「ぼく」と呼ぶようになった原因は

【少女革命ウテナ】

というアニメが原因のようです。

このアニメの主人公である天上ウテナは自分のことを「ぼく」と呼んでおり、天上ウテナに憧れていた春名風花さんはそれを真似し自分のことを「ぼく」と呼ぶようになったと言われています。

よくよく考えればまだ小学生で出始めの頃から自分のことを「ぼく」と呼んでいたのでキャラ作りという考えはおかしかったですね(>_<)

はるかぜちゃんはなぜ現在でも「僕」なの?

ではなぜ春名風花さんは現在でも「ボク」と呼んでいるのでしょうか。

春名風花さんが自分のことを「ぼく」と呼ぶようになったきっかけはそれ以外にもあるようです。

以前対談で「ぼく」と呼ぶ理由としてこのように答えていました。

「『ぼく』という一人称は、小学生のころからずっと使っています。女性は一人称が『わたし』しかないですよね。一方で男性は『おれ』『ぼく』『わたし』を使い分けます」

「男性が『わたし』と言う時は、すごくあらたまっていることが多いですよね。『女性はあらたまった言葉しか使えないのか』と思った時に、『ぼく』という一人称は、目上の方にも同年代にも失礼なく使える言葉で、ぼくにはちょうど良かったんです。それから気に入って使っています」

引用:with news

こんな深い意味があるんですね。

さすが春名風花さんです。

春名風花が「ぼく」と言うのはキャラ作り?なぜはるかぜちゃんは現在も「僕」なの?まとめ

今回は春名風花さんの一人称が「ぼく」ということについてご紹介しました。

ぼくと呼ぶようになったきっかけはすごく深かったんですね。

こちらが今回のまとめです。

春名風花さんが自分のことを「ぼく」と呼ぶようになったきっかけはアニメの影響

春名風花さんが自分のことを今でも「ぼく」と呼んでいるきっかけは女性の一人称が「わたし」だけということに対して違和感を持ったから

どんどん綺麗になっていくはるかぜちゃんこと春名風花さん( ^ω^ )

今後の活躍も楽しみですね。