アスリート

池江璃花子が白血病をインスタで報告!発覚までの経緯は?完治は可能なのか?

競泳の池江 璃花子(いけえ・りかこ)さんがご自身が白血病であることを本人のインスタで公表しました。

一体どんな病状なのか心配ですね。

今回は池江 璃花子さんの白血病はいつからどんな症状が出ていたのか、病状や生存率についても解説します。

競泳・池江 璃花子のプロフィール

 

View this post on Instagram

 

Ikee.Rikakoさん(@ikee.rikako)がシェアした投稿

名前:池江 璃花子(いけえ・りかこ)

誕生日:2000年7月4日(現在18歳)

出身地:東京都江戸川区

泳法:自由形・バタフライ

所属:ルネサンス

池江 璃花子が白血病をインスタで報告!(画像有り)

こちらが実際に池江 璃花子さんがインスタで報告された時の画像です。

 

View this post on Instagram

 

* 応援してくださる皆様、関係者の皆様へご報告があります。 日頃から応援、ご支援を頂きありがとうございます。 この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、「白血病」という診断が出ました。 私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。 ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。 今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。これからも温かく見守っていただけると嬉しいです。池江 璃花子

Ikee.Rikakoさん(@ikee.rikako)がシェアした投稿 –

体調不良だと思ったら白血病だったと聞いたら本人も混乱してしまいますよね。

今まで頑張って練習してきたのにも関わらず日本選手権に出れないのは本人としても辛いと思います。まだ若干18歳ですが本当にしっかりしているなと思います。

私がもし同じ18歳であればこんなコメントはできないですしやはり若い頃からアスリートとして戦ってきて方はすごいなと再認識しました。

池江璃花子の白血病はどのように発覚した?経緯を解説

池江 璃花子さんの白血病は2019年2月8日に診断されました。

2019年1月18日〜:オーストラリアで合宿

(この間に何度が体調不良を訴えていた。)

2月4日:現地の日本人医療センターで血液検査

2月6日:結果が出て「早く帰国して検査を受けた方が良い」と言われる

2月7日:池江 璃花子さんの緊急帰国を発表

2月8日:日本へ帰国し検査→「白血病」と診断される

2月12日:インスタ・ツイッターにて「白血病」を報告

池江 璃花子さんの病状は?早期発見?

現在池江 璃花子さんは入院しており、担当医からは早期発見できたと言われているそうです。

現状では白血病としか公表しておらず詳しいことについては言えないようです。

とても心配ですが今後発表があり次第追記させていただきます。

白血病とはどんな病気?完治は可能なの?

白血病とはどんな病気なのかそして完治する病気なのかについて専門家の意見でご紹介します。

白血病とはどんな病気?

慢性骨髄性白血病とは

慢性骨髄性白血病(CML)は、ゆっくり進行する血液のがんの一種で、血液の基となる細胞を作る造血幹細胞に異常が起こり、がん化した血液細胞が増殖することによって起こる病気です。フィラデルフィア(Philadelphia:Ph)染色体という特異な染色体異常を持ちます。

引用:がん治療.com

白血病の生存率について

慢性骨髄性白血病の生存率は、早期発見されたかどうかと、実際に行った治療内容に、大きく左右されるといわれています。かつては、化学療法のみでは通常約4年で急性転化し、死亡してしまう病気でした。

しかし、現在は分子標的療法を受けた患者の85%以上が長期生存をすることができており、8年生存率は90%を超えるともいわれています。また、造血幹細胞移植やインターフェロン療法を受けた患者も50~70%ほどの人が8年生存率70%以上と長期生存を可能としています。

引用:がん治療.com

ということは慢性なのか急性なのかによっても変わってくるようですが今現在では早期発見できれば治る病気のようです。

現在では4割以上が根治できる病気と専門家も説明しており池江 璃花子さんはまだ18歳とお若いので完治する可能性は多いにあります。

池江璃花子が白血病をインスタで報告!いつから症状が出ていたの?病状は大丈夫?まとめ

池江璃花子さんの白血病についてまとめました。

・合宿中に体調不良で緊急帰国→白血病と診断された

・今回は早期発見できたが詳しい病状は不明

・現在では白血病は治る病気である

白血病と聞いて混乱してしまうのも無理はないですよね。今ご本人が一番辛いと思います。でも現在では治る病気ですし1日でも早く元気になることを祈っています。