香港生活役立ち情報

香港トラムとフェリーが無料になる?HKGCC FREE RIDE DAYとは?

あなたはHKGCC FREE RIDE DAY をご存知でしょうか。先日トラムに乗った際にこの張り紙を見つけました。

この日はなんと1日トラムフェリー無料で乗り放題なんです!香港島で生活している人なら特に利用することが多いトラムとフェリー!実際にこの日トラムに乗ってきた様子と対象のトラム、フェリーのルート、利用の方法についてご説明します。

トラムとフェリーが無料になる!?HKGCC FREE RIDE DAYとは?

まずHKGCCとは1861年5月29日に創立された香港の商工会議所のことで、このFREE RIDE DAYはその設立をお祝いするためのイベントです。

2011年から毎年このイベントが開催されており今年で8回目となっています。普段から香港市民の足となっているトラムやフェリーをこの日に限り無料で利用することができるイベントなんです。

HKGCC FREE RIDE DAYの無料対象ルート

トラム(路面電車)

トラムは香港島の東にある筲箕湾(ソウキワン)から西の堅尼地城(ケネディタウン)までを繋いでおり、このトラム(路面電車)が走っているルートは無料の対象となります。

また大きな競馬場がある跑馬地(ハッピーバレー)行き、市場が多く並んでいる北角(ノースポイント)行きも同様に対象ルートとなります。

フェリー

香港には様々なフェリーがありますが今回はスターフェリーのみが対象となるため湾仔ワンチャイから出ている尖沙咀チムサーチョイ行き中環セントラルから出ている尖沙咀チムサーチョイ行きが対象となります。

次のHKGCC FREE RIDE DAYはいつ?

HKGCC FREE RIDE DAY1年に1度開催されます。2018年は11月29日(木)の始発から終電まで無料でした。2015年は5月29日でしたが2016年以降は11月29日となっているため2019年以降も11月29日に無料になる可能性が高いでしょう。

【追記】

公式HPにも2019年11月29日とでていたため今年も11月29日が対象となります。

実際に乗ってみた様子

トラムの中にも「HKGCC FREE RIDE DAY」の広告が貼ってありました。

トラムは後払い制なので降車するときに支払いをします。

実際に乗車し降りる際に確認してみると通常オクトパス(ICカード)をタッチする場所や現金を入れる場所は布で隠されていました。

実際私の前の方が今日は無料だということを知らずオクトパス(ICカード)をタッチしようとしたのですが運転手さんがいらないよと教えていました。他の人もそのままスーッと降りたので実際に乗ったら特にタッチなどせずすっと降りましょう。

 

まとめ

トラムは通常2.6HKD(約39円)フェリーも3.7HKD(約55.5円)と驚きの安さですがもしこの日予定が空いていれば利用してみてはいかがでしょうか。

また中国語・英語のみですが「HKGCC FREE RIDE DAY」と調べてみれば公式サイトから詳しい日程の確認もできますので是非利用してみてください♪